ホーム > ザワード品質基準書

品質サポート

ヒートシンクの購入を検討中のお客様 及び 購入いただいたお客様



ヒートシンク品質基準書 


クーリングソリューションのご提案







 
弊社が供給するヒートシンクにつきましては当社が定める品質基準書の内容に従い

品質を保証させていただきます。

品質基準書の内容に関しては以下PDFファイルより閲覧いただけます。



ヒートシンク品質基準書Rev04


ヒートシンクの購入を検討中のお客様及びご購入いただいたお客様におかれましては、

品質基準書の内容をご一読いただき、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

ご不明な点がございましたら、弊社営業担当者にお問合せください。


                             最終更新日 2021年6月22日


※尚、品質基準書の内容は予告なく更新される場合がございますのでご了承ください。 



 


ご購入にあたって

[ 全般 ]
・量産初期LOT数及び発注金額により生産工程が都度製品扱いとなる場合があります。
・アルマイト等の表面処理はリワークやロットにより、光沢度や色調が若干異なることがあります。
・鋼材価格や為替の変動により、見積時の価格での注文を受け付けられない場合があります。
・都度製品ではQC工程表は作成しておりません(加工工程が変わる可能性があります)。
・外観基準は当社品質基準書によります。
・工程の中で仕掛品に傷が発生した場合、スコッチ掛けを行い修正致します。
 そのため、スコッチ掛けした跡が残ります。
・熱伝導デバイス(ヒートパイプ及びべーパーチャンバー)使用製品は当社規定の全数性能試験を行います。
・性能試験において細心の注意を施して試験は行いますが、
 グリスの塗布跡、ヒータの擦り傷が発生する場合があります。
・外観検査の抜き取り数はMIL-STD-105E AQL_MAJ_0.65にて行います。
・寸法検査の抜き取り数は最大10個/LOTにて行います。
・切削・幾何公差はJIS B 419-mkとなります。

[ 金型 ]
・金型は設計費をお支払いいただくことによって2年間の専用使用権が発行されます。
・専用使用権が認められている金型を用いた製品発注後、2年を超えた場合、金型を破棄し、破棄した証明書を
   貴社に発行致します(延長費用をお支払いいただければ、延長できる場合がございます)。

[ ハンダ製品 ]
・ハンダ量の調整をご希望の場合はジグ費を頂きます。
・位置決めジグがない場合はハンダ接合部の位置がずれる恐れがあります
・都度品の場合はハンダが塗布エリア以外の部分に付着する恐れがあります(受熱面に関しては取り除きます)。
・ご指定がない場合、ハンダはSnBi(RoHS対応)を使用します。
 ただし、ご指定を受けた場合でも設備が対応していなければ、お受けできない場合がございます。

[ 押出製品 ]
・図面上公差の記載がない押出面との公差はJIS H 4100が適用されます。
・ご注文日より2年間ご発注なき場合は金型が破棄されます。

[ 削立製品 ]
・フィンの枚数に公差がある場合があります。
・部分的にフィン倒れあるいは曲がりがある場合があります。
・フィン表面がサメ肌上になることがあります。

[ カシメ製品 ]
・フィンの高さがあるとき、フィンの厚みにもよりますがフィンの先端部分が狭くなり、
 フィンが接触することがあります。

[ 鍛造 ]
・鍛造品のため、一部フィンかけや曲がり、擦り傷が発生する場合があります。

[ ヒートパイプ・ベーパーチャンバー ]
・仕様範囲を超えた温度での使用もしくは環境への放置は内部液体がリークする恐れがあります。
・デバイスに対して傷や打痕となるような衝撃が加わると内部に封入された冷媒が噴出する可能性があり、
 作動しなくなる恐れがあります。

                                                 
                                                以上 
  • ザワードへのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • 製品やカタログに関するお問合せは、下記までお気軽にご連絡ください。
  • contact_box_btn.gif