ホーム > 新着情報 > メールマガジン > 冷却部品のギモンにお答えします/Q&A

ザワード通信~冷却専門商社のメルマガ~

冷却部品のギモンにお答えします/Q&A

 

展示会にご来場頂いたお客様や営業先でお会いするお客様より、ここ最近
べーパーチャンバーに関する質問をよく受ける機会があります。

本日は、べーパーチャンバーを中心によくある質問をご紹介させて
いただきます。

   

Q1.べーパーチャンバーの標準品は少数量でも購入はできますか?

A.量産を前提とした、テスト用サンプルとしての数個単位での
購入は可能でございます。
標準品を購入したから、必ずしも量産しなければならない
ということではございません。ご参考までですが、標準品の
MOQは1,000個からとなります。

Q2.べーパーチャンバーをカスタム品として製作することは可能ですか?

A.はい。可能でございます。製作できない形状もございます。

図面を、お送り頂ければメーカーで製作可否を判断いたします。

Q3.べーパーチャンバーのカスタム品で製作した場合の最小の厚みと
最大の厚みを教えてください。

A.最大厚みは、5.0mmです。最小厚みは、0.5mmとなります。

Q4.べーパーチャンバーはどのような製品に使用されていますか?

A.X-BOX(ゲーム機)、MAC Pro、グラフィックカード等に
使用されています。

上記、用途以外にもデータセンターや通信ネットワーク等の様々な
製品に使用されています。

Q5.べーパーチャンバーは野外環境でも使用はできますか?

A.はい。使用可能でございます。
材質は銅ですので腐食に強いです。表面が銀色なのはニッケルメッキ
を施しています。

Q6.べーパーチャンバーは水平方向以外の方向にも取り付けることは
可能ですか?

A.はい。可能でございます。水平方向以外にも、垂直方向や斜め方向
でも使用ができます。
(寸法によって特性が変わる、あるいは使えない場合があります)

Q7.べーパーチャンバーの小型機器採用事例等はありますかか?

A.LEDの350W~600Wの冷却でヒートパイプ8本~15本が
必要だったものをべーパーチャンバー1枚で解決し、小型化と軽量化に
成功した事例がございます。

ヒートパイプや水冷をべーパーチャンバー1枚に置き換えるケースもあり、
部品コストのみではなく、組立てコストの削減にも寄付しているケースも
ございます。

Q8.べーパーチャンバーで放熱することはできますか?

A.べーパーチャンバーは熱を平面に高速で広げる役割を果たしますが、
放熱効果が高いわけではありません。放熱効果のあるフィンをつけたり
放熱板につけたりして使います。

Q9.べーパーチャンバーは平面のものだけですか?

A.L型、O型のものも開発可能です。

Q: 使用可能な環境温度について教えてください。

A: 理論的には能力を発揮できる下限は30℃です。

0℃~30℃でも使えないことはありませんが、性能が落ちてしまいます。

上限は、設計によって130℃~220℃となります。 標準品については130℃です。

<<ヒートシンク>>

Q: 図面を制作していますが、フィンがとても高くなっています。

この高さを実現可能なのか、知りたいです。

A: 目安になるのは、トング比です。

トング比は、フィンの高さ÷フィンギャップ(フィンとフィンの間)
で求められます。

押出加工の製作可能なトング比: <16倍 

※近年、ハイトング押出製品が出ています。
トング比20倍で製作できるケースがあります。

トング比を見て明らかに押出で製作することが難しい場合は、
カシメを検討します。

(ピッチの狭い図面の場合は、スカイブも考えられます。)
   


最終的には技術者が図面を見て総合的に判断しますので、
まずはご遠慮なくご相談ください。

 



  • ザワードへのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • 製品やカタログに関するお問合せは、下記までお気軽にご連絡ください。