ホーム > 新着情報 > メールマガジン > 僅かなスペース、冷却は何を使う?/ベーパーチャンバー

ザワード通信~冷却専門商社のメルマガ~

僅かなスペース、冷却は何を使う?/ベーパーチャンバー

 

ベーパーチャンバーは、作動液の蒸発と凝縮を繰り返すことで、

熱を水平及び垂直方向に拡散させる「平板状の熱拡散デバイス」です。

≪蒸発(気体)⇒ 蒸気移動 ⇒ 凝縮(液体)⇒ 毛細管現象により液体移動≫

ベーパーチャンバー内には、作動液(純水)が封入されております。

熱源からの熱によって作動液は蒸発し、上部に向かって蒸気が流れ、
放熱して凝縮(液体)し、凝縮した作動液は、ウィック構造により
下部へ還流されていきます。

  

◇ベーパーチャンバーは熱源に接触させて使用します。

◇放熱フィンとベーパーチャンバーは、はんだ付けで接合しております。

― “では、ヒートパイプと異なった特性はどのようなものでしょう?”

≪性能≫
優良(大抵1Uサーバーの冷却では、ヒートパイプを採用した
クーラーと比較すると3℃程度性能差が出ます。

≪形状≫
ベーパーチャンバー: 横方向もしくは縦方向に形状を広げることが可能。

ヒートパイプ: ラウンド形、フラット形で、あらゆる方向に曲げることが可能。

≪価格≫
ベーパーチャンバー1個分の単価は、ヒートパイプ5本分や銅板ほどの価格。

― “材料によるベーパーチャンバーの熱伝導率を比較した簡単な実験をご紹介します!”

【条件】
*熱源寸法: 30×30×20mm *消費電力: 100W 
*ベーパーチャンバー寸法: 90×90mm *風量: 30CFM
   ↓  ↓
   ↓結果↓
   ↓  ↓
【材料による熱伝導率の比較結果】
≪べーパーチャンバー≫ 3,000W/m.K
≪銀≫ 429W/m.K 
≪銅≫ 400W/m.K 
≪アルミニウム≫ 237W/m.K

少し前までは、お客様の声を伺っても、中々サイズ的な問題で
ご紹介に躊躇しがちでしたが、最近では、ご協力いただいている
メーカーさんの技術力も高く、様々な寸法のラインナップも増えてきており、
豊富な場面で活用できる製品も取り揃えております。

≪標準品一例≫ 


▼お問い合わせは info-zaward@zaward.co.jp までお気軽にご連絡ください。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

『冷却部品にまつわる用語解説』

本日は数ある工法なかから“カシメ加工” の 「カシメ」に
スポットライトを当ててみます。

【加締める】
*読み方: かしめる  *英語: Swage

カシメ加工の「加締める」という言葉は漢字が表すように、力を加えて金属を
変形させることで接合部分などを密着させ、固定することをいいます。

加締めるという「作業」を表す場合には、その方法は広義に解釈できますが、
具体的にヒートシンクの工法として「カシメ」が指すのは、決まった一つの
工法であることが多いです。

お問合せは info-zaward@zaward.co.jp までお気軽にご連絡ください。





 



よくあるご質問