ホーム > 新着情報 > メールマガジン > ヒートシンクをおさらい/さまざまな工法とその特徴

ザワード通信~冷却専門商社のメルマガ~

ヒートシンクをおさらい/さまざまな工法とその特徴

 
■■そもそもヒートシンクとは?■■

熱を吸い取り、空気中に放熱して対象物を
冷やすための冷却部品です。

伝導特性の良い、アルミニウム・銅が材料として用いられ、
性能は熱抵抗が小さいものほど性能が高いとされます。

■■製造工法のご紹介■■

ヒートシンクは様々な工法で製作できます。
予算・数量・仕様・性能によって、最適な工法を選択する
ことがポイントです。

最適な工法で製造することがコストメリット・短納期につながるのです。

弊社が提案している工法をご紹介します。

(1)押出し加工

アルミを金型に通して押し出すことで材料を作る工法です。
大量生産向きで最も安価な工法です。

(2)切削加工

ブロック材から1個ずつ機械加工により製作する工法です。
弊社では、1個からの少数量にも対応しています。

(3)カシメ加工

アルミ等のベースに切り込みを入れてアルミ板材をカシメる工法です。

他の工法で製作する場合と比べて、フィンを高くすることが
できるため放熱面積が広がり放熱性能がアップします。

  

(4)スカイブ加工

アルミ、銅を刃で「削ぎたてる」工法です。
フィンが薄く、狭ピッチ製品の製造が可能です。
銅材の加工も可能で、ベースとフィンが一体型になっているので
カシメ加工に比べ高い放熱性能があります。

    

(5)冷間鍛造

加熱していない室温の金属材料を金型で成型する工法です。
押出し加工に比べ、高いトング比や自由な成型での製造が可能です。
高精度の製品をスピーディーに製作できます。

(6)ダイキャスト

金型に溶かした材料を流し込み、成形する工法です。

主な材料はADC12となり、固めた後に型から抜くことが
できるような形状であればどのようなものも製造可能です。
後加工をしない製作方法のためコストダウンが図れます。

(7)スタンピング

プレス機械と金型を用いて製作する工法です。
各種半導体パッケージ(TO系)に対応しています。

■■関連製品のご紹介■■

◆ヒートパイプ付きヒートシンク

ヒートパイプを用いて冷却能力を更に高めたヒートシンクです。
ヒートシンクに冷却性能の限界を感じたときに検討されます。

◆CPUクーラー

CPUの冷却に用いるヒートシンクのことを指します。
空冷式と水冷式があり、弊社ではOEMに加え、PC DIY製品として
在庫販売も行っております。

下記にて形状や特徴を一部画像とともにご紹介いたします。
URL: http://www.sotuu.net/zaward/product1712.html#ENQCGI#

熱対策としてとにかくヒートシンクが必要!
できればコストをかけず安く・早く作りたい!
でも、工法がたくさんあってどれを選択すればいいか分からない…。
という方がほとんどかと思います。

そんなときは、弊社に一度ご相談ください!

▼お問い合わせは info-zaward@zaward.co.jp までお気軽にご連絡ください。

 



よくあるご質問