ホーム > 新着情報 > メールマガジン > 水冷のコストを見直したい/水冷ヒートシンクのご紹介

ザワード通信~冷却専門商社のメルマガ~

水冷のコストを見直したい/水冷ヒートシンクのご紹介

 

日頃から「ヒートシンク・ファンモーターのザワード」と
謳っているザワードには、空冷のイメージが強いかと
思いますが、水冷ヒートシンクの取り扱いもございます!

信頼性の高い海外メーカーの製品で、主に置き換えの
ご提案をしております。

標準品は持たず、全て”カスタム製作”となります。

新規案件にはもちろん、
日本製を使用しているけれども、コストダウンをしたい…と
お考え中のご担当者さまも、是非一度当社にご相談ください。


◆製品能力(一例)
寸法:108L x 78W x14.5Hmm
材質:Cu1100
熱抵抗:0.051℃/W(1.5L/min)


◆基本情報
[製造範囲]
最大:幅1000mm程度まで
   高さ100mm
最小:10mm程度まで

[素材]
ヒートシンク部::A6063 / A6061 / A5052 / C1100
内部水路:アルミ、銅、SUS
口金:アルミ、真鍮、SUS など

[接合]
ヒートシンクと銅管:ロウ付け、樹脂接着、ハンダ付け、FSWなどを採用しています。

[処理]
めっき:酸化防止処理、ニッケル など
表面処理:各種 液体、粉体塗装

※製品によって、お選びいただける素材・接合方法・処理が変わります。

◆追加工
ヒートシンクへの穴あけ加工、平面度のご指定などもご相談ください。
[平面度] 0.1 (100 x 100)
[平行度] 0.1 (300 x 300) / 0.3mm (300 x 300 以上)

※仕様によっては、更に厳しい平面度・平行度にも対応致しておりますので、
ご相談ください。

◆数量
サンプル用の数個から大量生産向けまでお受けしています。

◆試験データ

 検査装置 
 
テスト用のコールドプレート
 試験結果
 

      
 T=25℃
 

 T=45℃
 

◆製品紹介

これらの製品は電気自動車に採用されています。
   
 

▼お問い合わせは info-zaward@zaward.co.jp までお気軽にご連絡ください。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

『冷却部品にまつわる用語解説』

先月の電着塗装につづいて、もう一つ「塗装」のお話です。

【粉体塗装】
*読み方:ふんたいとそう *英語:Powder coating

表面処理の一種になります。

厚みのある塗膜で塗膜性が強いといわれています。
防錆性能があります。

※弊社の事例では、カシメ加工ヒートシンクに
(1)電着塗装 ⇒ (2)粉体塗装 の順に塗装し、
より優れた耐食性を実現しました。

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

お問合せは info-zaward@zaward.co.jp までお気軽にご連絡ください。

 



よくあるご質問