ホーム > 新着情報 > メールマガジン > FSW(摩擦攪拌接合)ヒートシンク

ザワード通信~冷却専門商社のメルマガ~

FSW(摩擦攪拌接合)ヒートシンク

 

 ─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘
   MONTHLY ZAWARD
   冷却専門商社のメルマガ 2020.2.28

   発行:株式会社ザワード
 ─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘

株式会社ザワード 営業部でございます。

このところ、新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し

全国各地で、ライブ、卒業式、展示会といった
さまざまなイベントの中止が発表されたり「在宅勤務」や「時差出勤」が推奨され、
通勤電車の混雑具合も少なからず緩和された気がします。

皆様、体調管理にはお気を付けてお過ごしくださいませ。


さて、今月は下記の内容をお送りいたします。

□ FSW(摩擦攪拌接合)ヒートシンク
□ TECHNO-FRONTIER 2020 出展

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
『 FSW(摩擦攪拌接合)ヒートシンク  』

今月は、FSW(摩擦攪拌接合)ヒートシンクについてご紹介させていただきます。

FSW(摩擦攪拌接合)は、工具の回転力による
摩擦熱で複数の部材を固体状態のまま接合する溶接方法です。

具体的には、回転ツールと呼ばれる、先端に突起を持つ円柱形状の工具で
接合材料の接合面に工具を挿入していきます。

工具を高速回転させながら、
接合面に押し付けることで摩擦熱が生じ、材料が溶けないまま軟化します。

材料は、主にアルミが用いられますが、銅などの異材接合も可能と
高強度で精密に接合します。


FSW(摩擦攪拌接合)ヒートシンクの利点は以下です。

(1) 幅方向に複数の材料を接合できるため、
  押出加工では製造できないような大型の製品を製造できます。

(2) 大型のまま押出す必要がないため、金型費用を抑えられます。

(3) 溶加材が不要で、溶接よりもより強固な接合になります。


寸法の制限はおおよそ以下となります。

幅方向(W):基本的には制限はありません。

奥行き(L):最大1,500mm程度

高さ(H):最大240mm程度

ベース厚:最大30mm程度


用途は、太陽光発電、自動車、液冷、通信システムといった幅広い分野でFSWの技術が採用されています。


大型ヒートシンクをご検討する際は、是非お声かけくさださい。


・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
『 TECHNO-FRONTIER 2020 出展  』

例年のごとく、今年もTECHNO-FRONTIERに出展いたします。

この数年は、大型ヒートシンクやベーパーチャンバーなど、
空冷でのソリューションの提案が多かったかもしれません。

しかし最近では、水冷板等の水冷需要も増え、
AVC社や、その他多くのメーカーが、水冷製品にも力を入れてきています。
今年は、空冷式・水冷式、両方のソリューションを豊富にご紹介できるかと思います。

「もし、こんな製品や紹介があれば!」

なんてご希望をお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひお声がけください!
毎年、弊社の営業スタッフも、お客様の意見を参考に展示品を決めております。

詳細等は、また随時ご案内させていただきます。

----------------------------------------------------------------------------
TECHNO-FRONTIER 2020公式サイト:  https://jma-tf.com/
会期:2020年4月8日(水)~2020年4月10日(金) 10:00~17:00
会場:幕張メッセ
アクセス情報:  https://www.m-messe.co.jp/access/
----------------------------------------------------------------------------

・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

お問合せは info-zaward@zaward.co.jp までお気軽にご連絡ください。

 



  • ザワードへのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • 製品やカタログに関するお問合せは、下記までお気軽にご連絡ください。

よくあるご質問