ホーム > 製品情報 > CPUクーラー > ベーパーチャンバー

ベーパーチャンバー

vaporchamber_main.png
 

僅かなスペースで効率よく冷やします

ベーパーチャンバーとは、容器内の作動液が蒸発と凝縮を繰り返すことで、熱を水平及び垂直方向に拡散させる「平板上の熱拡散デバイス」です。

ベーパーチャンバーの構造 ~概要~

銅製の容器内に作動液(純水)が入っています。
作動液は、熱源からの熱によって蒸発し、上部に向かって蒸気が流れていきます。
上部では蒸気が凝縮して放熱し、凝縮した作動液がウィック構造により下部へ還流されていきます。

vapor_chamber_structure.png

ベーパーチャンバーの熱伝導率

ベーパーチャンバーを接着させたヒートシンクは熱拡散に優れ、フィン効率を上げるのに適しています。

銅を接着したヒートシンク ベーパーチャンバーを接着したヒートシンク
銅を接着したヒートシンク ベーパーチャンバーを接着したヒートシンク

材料 熱伝導率(W/mK)  熱源寸法:30 x 30 x 20mm
 ベーパーチャンバー 3000   消費電力:100W
 銀 429   風量  :30CFM
 銅 400   ベーパーチャンバー寸法:90 x 90mm
アルミニウム 237  


 

製品一例

標準的には80~100角・厚みは3mm前後でバリエーションがございます。
技術力の向上により、ラインナップは豊富になってきていますので、ぜひ一度ご相談ください。  
ベーパーチャンバーアルミ ベーパーチャンバー銅 ベーパーチャンバー銅
vapor_chamber_cu_04.JPG ベーパーチャンバーアルミ ベーパーチャンバーアルミ
材質:銅
※シルバーはメッキの色です。
  • ザワードへのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • 製品に関するお問合せ・お見積もりやカタログのご請求は、下記までお気軽にご連絡ください。