ホーム > 製品情報 > ヒートシンク > ダイキャスト

ダイキャスト

ダイキャスト
 

後加工をしない製作方法でコストダウン

金型に溶かした材料を流し込み、成形する加工方法です。主な材料はADC12など。固めた後に型から抜くことができるような形状であれば、どのようなものも製造可能です。
(大量生産向け)

ダイキャストのメリット・デメリット

メリット 穴加工などの後加工を減らすことができるため、数量が多い場合相対的に単価が下がります。
デメリット コールドフォージに比べ、熱伝導率が低くなります。金型費が押出製品よりも大幅に高くなります。

製造範囲

  長さ(L) 幅(W) 高さ(H) フィン厚 ピッチ 材料
最大 1000 600 400 1 -

ADC10
ADC12

最小 3 3 2 - 2

 

  • ザワードへのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • 製品に関するお問合せ・お見積もりやカタログのご請求は、下記までお気軽にご連絡ください。