ホーム > 製品情報 > ヒートシンク > カシメ加工ヒートシンク

カシメ加工ヒートシンク

カシメ加工ヒートシンク
 

高いフィンのヒートシンク製作に
少数量からでも対応可

アルミ等のベースに切り込みを入れてアルミ板材をカシメる工法です。押出では加工できないようなフィン高さまで加工可能です。そのままカシメるものと接着剤を使うものがあります。銅のベース加工も可能です。
■金型製作■
数量が多い場合は材料の無駄を省き、単価を下げるためにベースの金型を製作します。数量が少ない場合は金型費用をかけずに切削でベースの製造を行います。

カシメ加工ヒートシンクのメリット・デメリット

メリット フィンを高くすることができます。
デメリット 押出よりもコストがやや高くなります。ベースとフィンは一体成型ではないので熱移動のロスがあります。

製造範囲

縦カシメ
単位:mm

フィン厚

 
長さ(L) 幅(W) 高さ(H) ピッチ 材料
0.3~0.6  最大  1000 700 70 -




   アルミ合金
 最小  10  10  5 1.8
0.8

  最大  1000  700  120 -
 最小  10  10  5 2.5
1.0/1.2   最大  1000  700  150 -
 最小  10  10  5  2.5
2.0
 
 最大   1000  700  200  -
  最小  10  10  5  5.5

※幅が550mm以上の場合は、長さの最大は550mm ※ピッチが2.5の場合は、高さの最大は80mm
※高さは、ベース厚10mmの場合

横カシメ

 

 
長さ(L) 幅(W) 高さ(H) フィン厚 ピッチ 材料
最大  1000  700 140 10 -

 

アルミ合金

最小 10  10  10 0.9~1.0 2.4

※高さは、ベース厚10mmの場合

製品単価目安

金型:要ご相談
単価:約120mm立方の製品
   1個 約10,000円 / 50個約6,000円

ヒートシンク 製品一覧はこちら

  • ザワードへのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • 製品に関するお問合せ・お見積もりやカタログのご請求は、下記までお気軽にご連絡ください。